サーマクールの腫れと痛み

サマークールも、医療行為の一つとして、合併症や副作用がないとは
言い切れません。美容医療の中では、サマークールはさほどリスクが
高くはないのですが、それでも、何かしら、術後の副作用などが出る
場合があります。では、それらをきちんとご説明しておきますね。
可能性として、どのようなリスクがあるのでしょうか?

高熱のレーザーを照射することにより、治療後にその部分に赤みが
出ることがあります。治療部分が熱を持っているだけで、皮膚の表面
が痛いのではないのですが、赤くなることがあるのです。特に頬など
が赤くなる人が多いですね。ですが、赤みが出た場合でも、ほとんど
の方は数時間で帰宅できますし、安全を考えて入院する場合でも1日
で帰宅できますね。

次に起きる副作用は治療後の腫れです。実際の術語を見せていただく
とわかるのですが、見た目には対して腫れてはいないのですが腫れた
感じがしてしまうというべきでしょうか。これは、肌の内側から
ジンジンと感じる、痛みとは違う症状があるからです。これは痛み
とは違うものですし、サマークールの熱による影響ですので、数日
から1週間もすれば、この違和感は消えてくれます。なお、腫れて
いる気がして、冷たいタオルなどで冷やそうとされる方がいますが、
これは、せっかくのコラーゲンの活動を妨げますので、絶対になさら
ないでください。

まず、治療後に赤みが出ることがあります。治療部が熱を持ってい
ますので、表面が痛いわけではないのですが、頬などが赤くなる方が
おられるようです。しかし、赤みが出た場合でも、たいていの方は
数時間〜1日で治まってしまいます。またサーマクールの治療後は、
すぐメイクをして帰宅することができます。

次に腫れがともなうことがあります。実際には、腫れというよりも
腫れた感じがする、というほうがあっているかもしれません。肌の
内側から、痛くはないけれど、なにかジンジンする感覚を持つ方が
いるようです。これも赤み同様、サーマクールの熱による影響なので、
数日〜1週間くらいで治まります。なお、晴れた感覚があるといって、
氷などで冷やしたタオルを当ててはいけません。熱によるコラーゲン
の変性を妨げてしまう可能性があるからです。

また、ごく稀には、水膨れ、軽いやけどによって、薄いしみが残る
場合があるので、必ず、信頼できる医者を選びましょう。これは、
まずは、カウンセリングの際にどの程度の説明をしてくれるかで
判断されたらいいと思います。サマークールは痛みがないとは言え、
麻酔テープや麻酔シールを貼る治療院がほどんどです。これは、
適度な痛みを感じた患者がその痛みを医者に適格に伝えることで、
医者を正しい治療に導くと考えられるからです。その意味からも、
話を聞いてもらえる医者がお勧めですね。

当サイト人気コンテンツ

★ メリットについて
★ デメリットについて
★ サーマクールの持続性
★ 腫れと痛み
★ 治療の手順
★ 受けられない人


Copyright (C) 2007-2017 サーマクール@研究所 All Rights Reserved.